お金をかけずにマンションのペンキ塗りをするには

ベラジョン入金できないトラブルはverajohn-reviewが解決!

ペンキ塗りというと、男性のイメージが強い春の仕事のひとつです。しかし、女性でもローラーやブラシ、ペンキ缶を手にとってペンキ塗りをすることは可能です。

ペンキ塗りの第一歩は、周囲の物を保護することです。家具は薄いナイロンで、床は厚いナイロンで保護します。そして、クモの巣などを取り除くなど、壁の掃除をします。この2つのステップが済んだら、下地を塗り、ペンキを塗るための準備が整います。汚れてもいい服、捨ててもいい服を着て、万が一、壁に凹凸がある場合は、平滑剤、紙やすり、ヘラなどを用意して平らにすることで、期待通りの仕上がりになります。店ではブラシの選び方について相談しましょう。ブラシなどは、業務用の道具で価格の安い製品ほど品質が悪いのが普通で、壁に跡や毛が残るので注意しましょう。少し予算を足すことで、作業時間を大幅に短縮でき、仕上がりも良くなります。

ペンキ塗りに必要なペンキの量

必要な量は、塗装する部屋やマンションの面積によって決まります。ペンキが必要な平米数は、実際の面積の3倍に相当します。例えば、40平方フィートのアパートであれば120平方フィート、4×5フィートの部屋であれば60平方フィート分のペンキが必要になります。1平方メートルあたり、約150mlのペンキ、つまり25リットルのバケツ1つで50平方メートル分のペンキになります。

塗装作業

剥がれた古い塗料をヘラで取り除き、縁に凹凸があればサンディングし、穴があればスムージングマス(粉を買って水と混ぜたもの)で埋めます。スムージングマスが乾いたら、ペンキ塗りを開始します。ローラーが最も適しているのは、表面を早く横断できるからです。天井から始めて、壁は手際よく下から順に塗っていきます。跡が残らないよう、ローラーはジグザクに動かします。濡れた状態の1層目は色が濃く見えますが、乾いてから2層目を始める頃には、すべてうまくいきますのでご安心を。場合によっては、2度塗りでは足りなかったり、塗料を薄めすぎたりして、3度目の塗りが必要になることもあります。ローラーから余分なペンキを取り除くには、グリッドを押してください。